一般社団法人 吉野青年会議所


新入会員入会式を執り行いました!

2017年3月24日(金曜日)、ホームグラウンドである吉野中央公民館で入会式が行われました。

JCIクリード唱和 金田紘典君

JCIクリード唱和 金田紘典君

JCIビジョン・JCIミッション唱和 庄司 雅也君

JCIビジョン・JCIミッション唱和
庄司 雅也君

JC宣言文朗読並びに綱領唱和   福西恭介君

JC宣言文朗読並びに綱領唱和   福西恭介君

3分間スピーチ  仲田恭章君

3分間スピーチ  仲田恭章君

当日のセレモニーの様子、そして、3分間スピーチは仲田担当副理事長です。

IMGP0579IMGP0585

 

新入会員の安井謙太君、吉村誠己君に上村学理事長より入会書の授与です。

IMGP0591IMGP0597

配属される大月室長、仲田副理事長よりJCバッジの授与です。

IMGP0602IMGP0616

新たに若きよしのびとが加わり、更に吉野青年会議所はパワーアップしていきます!

 


投稿日: 2017年3月26日
投稿者:

青年会議所とは・・・?part2

まず、吉野青年会議所の心臓部と言っても過言ではない「正副メンバー」について説明させていただきたいと思います。 2017組織図 正副メンバー

この組織図の黄色枠のメンバーが「正副」に当たります。

2017年度 理事長 上村学君

2017年度 理事長 上村学君

まずは理事長です。吉野青年会議所の今年の「顔」であり、理事長が生み出した理事長所信・組織を事業の基盤として、メンバーが一丸となり活動していきます。

2017年度専務理事 上村寛朗君

2017年度専務理事 上村寛朗君

続いて専務理事です。理事長を補佐する女房役でもあり、会議所全体を把握しサポートする母親のような存在と言えます。

2017年度 よしの乃里創造委員会 担当副理事長  吉本誠司君

2017年度 よしの乃里創造委員会 担当副理事長   吉本誠司君

2017年度 よしのびと創造委員会 担当副理事長 仲田恭章君

2017年度 よしのびと創造委員会 担当副理事長   仲田恭章君

続きましては副理事長です。それぞれに受け持つ委員会と正副の橋渡し役を担いつつ、委員長と委員会をサポートし、理事長の補佐をします。

2017年度 ブロック大会 室長 大月基伸君

2017年度 ブロック大会実行室 室長 大月基伸君

2017年度 会員開発拡大室 室長 浦西敦史君

2017年度 会員開発拡大室 室長 浦西敦史君

続いて室長です。室長は担当と委員長の役割を合わせて担います。今年組織図の特色としまして「ブロック大会実行室」があります。9年に一度のブロック大会の主幹を吉野が受け持つためです。そして、今後の吉野青年会議所にとって重要な課題となる「会員拡大」を使命とする「会員開発拡大室」今年の活動において重要な部署であります。

2017年度 直前理事長 森下圭太郎君

2017年度 直前理事長 森下圭太郎君

最後は直前理事長です。前年に理事長を務めた人がこの役職につきます。 会議所の「ご意見番」であり、正副メンバーを後方から支えてくれる頼れる存在です。

以上のように、正副メンバーに選ばれるには会議所メンバーとしての長いキャリアと実績が必要となります。豊富な経験と知識で事業を成功へと導きながら、次の時代の吉野青年会議所の正副メンバーを育て上げるのです。。。


投稿日: 2017年3月25日
投稿者:

青年会議所とは・・・?part1

このHPをご覧の皆様の中にも疑問に思われた方がおられるのではないでしょうか?

「JCって一体何をしているの?」 「ほかの団体とどう違うの?」

私たちも会議所メンバーとして外部の方と接触する際、よく尋ねられる事でもあります。。 今回は簡単にではありますが青年会議所について少しお話させて頂きたいと思います。 まず、青年会議所は世界中に存在する団体で会員数は約162,000人。日本だけで見ても会議所が日本各地に697あり、正会員数は36,000人です。 日本中の会議所メンバーが「奉仕」「友情」「修練」の三信条を掲げ、各所で日々、切磋琢磨しております。その697ある中の1つが一般社団法人 吉野青年会議所なのであります。 今年の組織図から詳しく見てみましょう。。

2017組織図

吉野青年会議所の役職は単年度制で1年ごとに変わります。 この組織図の中の中央に君臨するのが「理事長」です。

DSC09264

(一社)吉野青年会議所 第46代 理事長 上村 学

上村学理事長が掲げるスローガン「誇れるよしのびとたれ」そして理事長所信を基に 2017年度 一般社団法人 吉野青年会議所が幕を開けていくのであります。。


投稿日: 2017年3月20日
投稿者: